脊柱管狭窄症などを治す|内科に行けばいいじゃないか

お金を上手に書ける

電車や駅から見える場所に看板が

先生

一昔前、東京の街には性病科と銘打った診療所の看板が数多く目につきました。それらの多くは、電車の窓や駅から良く見えるような場所に取り付けられていました。当時、性病は花柳病とも呼ばれ、そのような遊びをする人が罹る個人責任的な病気でした。性病科を一般の診療科から切り離して独立させるのも、人々から忌み嫌われた実情があります。性病科と大きく書かれた東京の診療所には、夕刻に訪れる患者が多かったと言います。しかしながら、現在は性行為感染症の範囲も広がり、病院としての予防措置の必要性も強くなりました。過去における東京の性病科医院が、個人的な治療をしていたのに対して、現在は病気の拡散を防ぐ手立てを義務づけられるようになりました。

性行為感染症はパートナーの治療も

かつての東京の性病科医院が、来院患者だけを治療していたのに対し、現在の医療機関は患者のパートナーへの治療や啓もう活動を進めています。一頃と違って、性行為感染症が軽く見られている世の中ですが、医療の現場では予防策を一層強化しています。感染経路が特定できる場合は、パートナーや元パートナーに対しても治療の対象にするべく協力を呼び掛けています。性行為感染症が社会問題化すれば、国庫の医療経費の問題にまで発展します。今や性行為感染症は、普通の病気と変わりなく治療が行われますが、伝染性の病気であることを意識して治療に臨むことが重要です。この種の病気を放置すれば、やがては国をも滅ぼす惨事を招きかねないからです。